安定のダイハツ タントカスタムX展示中です!

こんにちはー!ワクチン2回目の副作用が心配過ぎるー!解熱剤用意しました!完璧!どーも!オートセンター新生のくまたんです。

本日はタントカスタム!左サイドドアの間の柱が無くて、乗り降り便利なタントカスタム!

只今、ネイビー展示中です!

R03/02

走行距離 6Km

ブルー系 (レーザーブルークリスタルシャイン)

見てください!このテールランプのおしゃれさ。

内装もおしゃれです。


タントのボンネットの長さは約90cmです。運転席から車の先端までが短いため、前方の感覚をつかみやすく、運転しやすいのが特徴です。

運転席に座ると車の先端までしっかり見えるので、前方駐車をする際に少し足りなかったということもありません。また、狭い道で曲がる時や、他の車とすれ違う時にも、先端が見えることで何度も切り返す必要がなくなります。

車の運転をする人にとって、死角の存在は怖いものですね。見えないところはどうしても体の感覚に頼ることになり、事故の危険性も増えてしまいます。ボンネットが短いことで目視によって確認できる範囲も広がり、死角を減らすことができるんです。

燃費がいい

タントは他の軽トールワゴンと比べても燃費が良く、24.6km/Lから28.0km/Lの低燃費を実現しています。

全車がエコカー減税、一部はグリーン化特例の対象で、自動車税と重量税で合計1,900円~4,600円軽減され、環境性能割は非課税となっています。低燃費で維持費が安く済むだけでなく、エコカー減税でイニシャルコストも抑えることができるのは大きな魅力です。

車高が高いので快適

軽トールワゴンの特徴は何といっても車高の高さです。車高が高いと、室内高も高く取ることができるため、頭上に広々とした余裕ができます。タントは車高が170cm、室内高も136.5cmと高いので、10歳くらいまでの子供であれば、車内で立って着替えることも可能です。

大人にとっても乗り降りがしやすく、ベビーカーや大きな荷物をそのまま載せることができるのは便利で助かる点でしょう。また、車高の高さは運転のしやすさにも影響します。車高が低い車は路面に近くなり、どうしても振動を感じやすくなってしまいます。さらに視点も下がることで視界が狭くなり、運転のしづらさを感じる人もいるようです。

タントは運転席の高さもあり、Aピラー(前方左右の柱)も視界に入らないため、広々と見通しの良いのが特徴です。

自動スライドドア付き

小さなお子さんがいるご家庭では、子供がドアの開閉をする際、隣の車にぶつけそうになってハラハラしたという経験があるのではないでしょうか。タントは、スライド式ドアが採用されているため、狭い場所でもドアを開閉することができ、スイングドアのように隣の車にぶつける心配もありません。

ミラクルオープンドアが採用されており、助手席側のドアを開けた時の開口幅が149cmもあるので、大きな荷物の出し入れも楽にできます。

車内泊もできるほど広い

タントは、イタリア語で「いっぱい」という意味があります。その名に相応しく荷物がたくさん入る広々とした空間が特徴です。室内長は220cm、室内幅は136.5cmもあるので、平均的な成人男性が4人乗ったとしても、狭く感じることはないでしょう。

そして、何といっても魅力的なのがシートアレンジです。助手席を前に倒すとフラットになり、ペットボトルやカップなどを置くことができます。また、助手席だけでなく、後部座席もフラットにすることができるので、自転車など長い荷物を載せるのにも便利です。

すべての座席を倒し、車内をフルフラット化することもできるので、遠出する時やキャンプをする時に、家族で車内泊をすることも可能です。


ミラクルオープンドア

前後のドアにピラーを内蔵することによって生まれた大開口のドアは、大きな荷物の出し入れも、お子さまとの乗り降りもスムーズ。両側スライドドアなので狭い駐車場や壁際でも安心です。

オートセンター新生公式Youtubeでも魅力大公開してます!是非チェックしてください。