車を売却する際には、車の所有者や仕様を説明する自動車検査証などの書類が必要となります。
こちらでは、必要書類をわかりやすくチェックリストにまとめ紹介させていただきます。
注意の必要な売却ケースもありますので、書類などでわからないことがございましたら

知識、経験豊富なスタッフが対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

必要書類がチェックリストの確認で簡単にわかる!

1タイトル.png
1タイトル.png
2必要書類チェックリスト.png
 

自動車検査証

車の所有者や仕様を説明するもので、車検を通した際に発行されます。自賠責保険証明書などの書類と一緒に車のダッシュボードにある方が多いようです。
再発行の場合は、自動車登録手続きをした陸運局で再発行してもらえます。再発行手続きの際には、申請書類代と手数料がかかります。

自賠責保険証明書

法律で加入が義務付けられている保険のことです。
車の購入時や車検時に加入していることが多いので、自動車検査証と一緒に保管しているという方も多いいようです。
再発行の場合は、加入している保険会社に依頼すれば、再発行してもらえます。手続きの際には、免許証など本人確認書類が求められることが多いです。また、無料ではない場合もありますので、加入している保険会社へのご確認をおすすめします。
書類がなくて、どこの保険会社か分からない場合には、車を購入した店舗にご確認ください。

軽自動車納税証明書または、自動車納税証明書

軽自動車の場合は、軽自動車税納税証明書となり、普通自動車の場合は、自動車税納税証明書となります。
毎年5月に支払う軽自動車税(自動車税)の納税証明書のことで、車の売却時には最新のものが必要です。
再発行の場合は、軽自動車では市区町村の窓口で、普通自動車では都道府県税事務所で、無料で再発行してもらえます。

印鑑

軽自動車の場合は、認印でもOKですが、シャチハタなどの印は不可となっているので注意が必要です。
普通自動車の場合は、実印で市区町村で登録した印鑑が必要となり、車の名義変更の際の譲渡証明書や委任状に使用します。また、普通自動車の場合は、役所で発行される実印が市区町村に登録されている印鑑であることを示す書類である印鑑登録証明書が必要です。

リサイクル券

車を購入した際には必ずもらいます。自動車検査証と自賠責保険証とともに車のダッシュボードに入っていることが多い書類です。
再発行はできませんが、「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷することでリサイクル券の代用が可能です。自分の車の登録状況を検索し、ページを印刷してご用意ください。

 

注意の必要な売却ケース

引越で住所が変わったなど、上記の書類以外に必要な書類が発生しますので、以下に各条件による書類をまとめました。

引越で住所が変わった場合

引越により自動車検査証に書かれた住所と現住所が異なる場合には、追加で以下のような書類を用意する必要があります。
また、普通車の場合、自動車検査証に書かれた住所が印鑑証明書の住所と同じであるかについても、注意が必要です。

結婚等で氏名が変わった場合

結婚等で氏名が変わった場合には、変更前後の氏名が確認できるように、追加で以下の書類を用意する必要があります。
戸籍謄本は取得に時間がかかることがあるので、早めに手配することをおすすめします。

持ち主死亡にともなう家族による売却(相続手続き)

所有者が亡くなった車を売却する場合、家族構成や現在の遺産配分状態によって必要書類が異なります。相続なのか遺贈なのか、遺言執行人がいるのかなど個々のケースに合わせた必要書類をご案内しますので、お電話でご相談ください。

無料査定ボタン.png
査定アップ コツ.png
買取流れ.png
売却の必要書類.png